稲城市に対応しているポスティング業者紹介の稲城市ポスティング.com|稲城市の歴史

「稲城市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

稲城市あれこれ

稲城市の歴史

稲城市の歴史の写真

 古代

稲城市の歴史は、今から5万年前の旧石器時代にさかのぼります。坂浜から出土された石器は、南関東最古の物といわれていますた、市内では数多くの縄文時代遺跡が発見されており、当時の様子がうかがえます。

 奈良時代・平安時代

奈良時代に、全国に国分寺がつくられるようになり、大丸の瓦谷戸では武蔵国分寺造営に使われた瓦が焼かれました。平安時代の末期には、武士団の一つである稲毛氏の勢力下にあったとされ、矢野口と現在の川崎市との境にある小沢城址は、稲毛・小沢両氏の居城でした。

 江戸時代

江戸幕府が開かれると、稲城市のほとんどが幕府の天領か旗本知行地となりました。この時代には、その後の農業の基礎となった大丸用水が整備されました。また、多摩川の氾濫や幕府の架橋禁止政策により、渡しによる交通と、和船(渡し船)づくりが盛んになりました。

 明治時代

明治22年(1889年)の町村制施行により、矢野口・東長沼・大丸・百村・坂浜・平尾の6ヶ村が合併して、神奈川県稲城市村が誕生しました。その後の明治26年(1993年)に、稲城市村は神奈川県より東京府に編入されました。

 昭和時代・平成時代

昭和24年(1949年)に、当時の北多摩郡多摩村の南押立と常久の一部を編入して、現在の行政面積となり、昭和32年(1957年)に人口1万125人で稲城市町となりました。昭和40年(1965年)に入ると、JR南武線の複線化や、京王相模原線の開通で、人口が急激に増加しました。特に、昭和45年(1970年)からの5年間は、東京都住宅供給公社平尾住宅の入居とあいまって、人口の伸び率が42.5%と東京都内で2番目に高い率を示しました。

昭和46年(1971年)に市制を布き、人口36,800人ので稲城市が誕生しました。現在では、水と緑を活かした利便性高いまちづくりが進んでおり、庁内のIT化を進め、市民への情報発信や各種手続・申請などが簡単にできる電子自治体化を推進しています。

(稲城市資料提供)